ブログ

【健康情報】目標を決めるタイミングは気持ちがすっきりしている時

                                             
愛知県 開業保健師 習慣化指導士 水越真代です。
日々の生活の中で山積みになった書類やものを、年末の掃除でもとの位置に戻しました。整理整頓すると、気持ちもすっきり。すっきりしたところで、やっとブログ更新となりました。年が明けると今年やりたいこと、チャレンジしたいことがいくつも頭の中に浮かびませんか?スケジュール帳などにやることリストとしてとどめておくと、1年後見直すと、しらない間にクリアできていることが多いそう。書いたことすら忘れるくらいの勢いでいいそうです。これは新年を迎えるときの気持ちは晴れ晴れしているせいかもしれません。本当にやりたいことがリストアップされるの確率も多いのかもしれません。
さて、年間通して自己啓発的な書籍を読む機会はありますが、フレーズこそ違っても、どこかで聞いたことのある内容が多いなと思うことがありましたが、実際にそれを統計のプロである高田晋一氏が世界的に名著な50冊の啓発本に書かれている「文言」の繰り返しを統計したものを「【人生成功】の統計学」という本に出しているそうです。その内容とは
1、成功をイメージする。言葉に出す 36%
2、楽観的になる・ポジティブになる 32%
3、自分の直感や内なる声に従う   30%
4、他人に与える・奉仕する     24%
5、人生の目標や目的をはっきりさせる24%
6、他人に思いやりを持つ。許す   22%
7、楽しいこと、楽しい仕事に取り組む22%
8、自分の価値観・求めているものを知る20%
一年の計は元旦にあり。新年にあげるやりたいことリスト、やることリストは、「楽しいこと」「自分の価値感や目標、目的」に合ったものが上がってくるのではないでしょうか?ぜひ、今年こそは!と思ったことを、リストアップしてみて下さい。きっと来年、何らかの進展があることと思います。
どうぞ今年もよろしくお願いいたします。
 

関連記事

  1. 【健康情報】意識的に緊張をほぐすこと
  2. 【健康情報】生命38億年スペシャル 最新脳科学ミステリー“人間と…
  3. 【健康情報】 こまめなメール確認がストレスを増やしているかも
  4. 健康情報】「自分が好き」という人は寝る時間が早めの子
  5. 【健康情報】あなたの会社メンタル対策してますか?
  6. 組織開発はメンタルヘルス対策につながると考えてます
  7. パワハラ対策
  8. 【健康情報】精神疾患が過去最多…長時間労働の影響深刻に

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP