ブログ

【健康情報】組織のコミュニケーションは健康づくりで

 

愛知の開業保健師、習慣化指導士 水越真代です。

健康相談に行かせていただいた企業様で、うかがったお話し。

昨年、組合と総務共同で、80日間ウォーキングイベントを行われたそうです。

歩数計をつけて1日一万歩を目標にされ、歩数に合わせて商品を出されたそうです。

社員はグループで参加。
ほぼ全員が参加されたそうですが・・

それで、どうでした?と伺ったところ・・・

社員さん同士が、どんな具合?と歩数を見せ合いコミュニケーションが深まった。

グループでやったので、なんだかんだ言いながらみんながんばって取り組んでいた。

とお話しくださいました。

面談だけでなく、社内でこういった取り組みをすることがやる気になるきっかけになり実践につながるんですよね。

一つ宣伝!
弊社の習慣化プログラム
・・記録の管理やグループの進捗状況やグループごとのランキング、グループごとで励まし合い経過報告のできる掲示板など・・・専用SNS habi+doを使っていただくと、さらにコミュニケーションが深まり、成果があります。

ご興味のある方ぜひお声かけください。

関連記事

  1. 対話が組織活性化を生む
  2. 【健康情報】大型連休に入る前の企業がおこなう新型コロナ対策
  3. 【健康情報】企業向け:新型コロナ感染者が出たときの対応と対策助成…
  4. 健康経営エキスパートアドバイザー
  5. 【健康情報】自社の新型コロナウイルス感染対策は十分ですか?チェッ…
  6. 【健康情報】日経ビジネス健康経営最前線
  7. 【健康情報】新型コロナ感染防止、従業員向けチェックリスト
  8. 「産業保健」と「健康経営」の懸け橋となる講演

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP