ブログ

【健康情報】 やる気を簡単にひきだす方法


愛知の開業保健師 習慣化指導士 水越真代です。
やる気を引き出す簡単な方法がイリノイ大学アーバナ・シャンペーン校の研究者サンダ・ドルコス博士と同大学のドロレス・アルバラシン教授により研究報告されました。
私たちはは気持ちを奮いたたせるとき、なんと自分に声をかけているでしょう。
お前ならできる!」あるいは、「あなたならできる!」と声をかけたほうが、「はできる!」と声をかけるよりも効果があるのだという。

この研究は、143名の学部生を対象に、一連のアナグラム・パズル(単語や文の中の文字を入れ替えて、違う意味の言葉を作り出すパズル)を解かせました。そして、パズルを解く前に、自分に対するアドバイスを書き出すよう依頼もしました。

その際、学生の半数には「私」「自分」という呼びかけで、残りの半数には「あなた」「お前」という呼びかけで書くよう指示を出しました。

その結果、「あなた」や「お前」という呼びかけを使った学生のほうが、解いた問題数が多く、パズルに関してより前向きな姿勢を持ったのだという。

何らかの行動を起こすときには、自分に第3者的に「あなた」や「お前」と呼びかけ、アドバイスを与えたりやる気を出させようとしたりしたほうが、パフォーマンスが向上するというのです。

研究者らはさらに、135人の学生を対象に、今後2週間は普段より運動量を増やすことを自らに言い聞かせるよう依頼しました。この場合も、「あなた」や「お前」と呼びかけた学生グループのほうが、「私」と呼びかけたグループよりも、自分に課した課題に関してより前向きな姿勢を持ち、運動量を増やすための計画まで立てたと報告されています。

呼び方を変えることで、他人が自分の行動をどう見るか考えるようになったり、他人から励まされたことを思い出して気持ちを奮いおこしてくることが、効果となっているとのこと。

やる気がわいてこないときに、とりあえずからだを動かし始めるとやる気モードになってくるということは、経験上ありますが、自分自身に“お前は” “あなたは”と呼びかけて、やる気が起こりモチベーションを上げることができるというなら、試してみたくなります。

関連記事

  1. 【健康情報】新型コロナ感染防止、従業員向けチェックリスト
  2. 【健康情報】企業向け:社員さんが新型コロナに感染した時保健所の対…
  3. 【健康情報】大型連休に入る前の企業がおこなう新型コロナ対策
  4. 【健康情報】生産性を上げる毎日の習慣
  5. 【健康情報】新型コロナウィルスー企業と個人で求められる対策(4.…
  6. 中小企業さまむけ 健康経営の勧め
  7. 【健康情報】新型コロナ対策コロナ疲れとつきあう
  8. 【健康情報】組織のコミュニケーションは健康づくりで

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP