ブログ

【健康情報】日経ビジネス健康経営最前線

 

愛知の開業保健師 習慣化指導士 水越真代です。

日経ビジネスを見ていたところ、健康経営最前線というサイトがあるのを見つけました。

健康経営とは、企業が従業員の健康に配慮することによって、経営面においても 大きな成果が期待できる、との基盤に立って、健康管理を経営的視点から考え、 戦略的に実践することを意味している。
従業員の健康管理・健康づくりの推進は、単に医療費という経費の節減のみならず、 生産性の向上、従業員の創造性の向上、企業イメージの向上等の効果が得られ、 かつ、企業におけるリスクマネジメントとしても重要である。

ということで、従業員の健康マネジメントを企業が積極的に行い生産性の向上を目指すというもの。

サイトでは、「社員食堂のメニュー改善が第一歩」「社員の健康増進で勝ち抜く企業へ」「未受診・禁煙「ゼロ」に挑むなど様々な取り組みを紹介しています。

このようなサイトが多くのビジネスマンに読まれることによって健康経営という考え方が少しずつ広がって行くのでしょう。

よく記事を見ると、紹介されているのは大企業ばかり。
まあ記事になるのも取材をするのも大企業が多くなるのは仕方のないことではありますが・・

アベノミクスで経済状態がよくなり、社員の健康に積極的にかかわる中小企業が増えてくるといいなと思います。

そんな中小企業に健康経営につながるよう、積極的にかかわっていく、そんなお仕事ができるといいなと考えています。


明日は、その中の記事から健康経営の実践例をご紹介していきたいと思います。

関連記事

  1. 【健康情報】健康経営って??
  2. 【健康情報】コロナ対策と熱中症予防
  3. 健康経営エキスパートアドバイザー
  4. 【健康情報】職場で新型コロナ感染症集団感染事例
  5. 担当2人 新入社員を迎える~元気で働き続けてもらうための新入社員研修
  6. 新型コロナで資金繰りに困っている中小企業の経営者様へ
  7. 中小企業さまむけ 健康経営の勧め
  8. 【健康情報】企業向け:社員さんが新型コロナに感染した時保健所の対…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。
PAGE TOP