ブログ

ヘルスファシリテーション

本日は看護学校4年生の授業の2回目

参加者のやる気を高める教室の企画と運営を学んでいます。

今日は対象者を具体的にイメージする大切さを実感してもらいました。

メタボ、ダイエット教室を企画するときに、対象者が違うとどんなふうに違うかを

雑誌を使って体験してもらいました。

女性自身、HARTS、プレジデント、など雑誌の読者をイメージして教室のキャッチコピーを考えてもらいました。

サファリという雑誌を見たグループは、「目指せ!日本のプラピ」
素敵な奥さん問雑誌を見たグループは、「知って得するママしながら、Diet」
と考えてくれました。

一緒にプロフィールも考えてもらいましたが、なかなか的確につかんでいました。

雑誌がわかりやすいのか、若い感性が素晴らしいのか、きっと両方なんですけど・・

一つ一つ体験して感じてもらえるそんな授業を目指しています。

次回は、教室のプログラムなど企画の立て方に進みます。

関連記事

  1. 保健師による新入社員研修
  2. 企業改革と健康経営
  3. 今から始める豊かな人生プランニング講座
  4. 豊田市育成会の支部会議でお話ししました
  5. 鳥取県特定健診保健師度従事者研修会アンケート結果
  6. 兵庫県市町栄養士連絡協議会
  7. 岐阜県特定健診・保健指導実践者研修会アンケート
  8. 笑み筋体操インストラクター養成講座

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。
PAGE TOP